2019年6月27日(木)

TX、AI通訳機を全駅導入 外国人観光客に対応

北関東・信越
2019/5/14 20:07
保存
共有
印刷
その他

つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道(東京・千代田)は15日から、人工知能(AI)を活用した通訳機を全20駅に導入する。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、予想される外国人観光客の増加に対応し、サービス向上を目指す。

首都圏新都市鉄道は人工知能(AI)を活用した通訳機を全20駅に導入する(東京都台東区、同社提供)

同社が導入する通訳機はソースネクスト(東京・港)が販売する「POCKETALK(ポケトーク)W」。手のひらサイズで、駅係員と外国人乗客の音声を指定の言語で自動的に翻訳し、音声で出力することで対話が可能になるという。

全20駅の案内カウンターと秋葉原、北千住、守谷、つくば各駅の定期券売り場に置く。

同社は2019年度内に自然災害や事故の避難誘導時などに使う案内文を4言語で収録し、自動音声で流す拡声装置も全駅に置く。

エジソンハードウェア(札幌市)が販売する「メガスピーク」で、様々な場面に応じた案内文を日本語、英語、中国語、韓国語で収録し、簡単な操作で自動音声が流れるという。

同装置は秋葉原、浅草、北千住、守谷、つくばの各駅に先行して導入している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。