2019年6月25日(火)

テレ朝、ネット動画広告の新会社 KDDI系などと

ネット・IT
2019/5/14 19:46
保存
共有
印刷
その他

テレビ朝日は14日、KDDI子会社のスーパーシップホールディングス(東京・港)などとインターネット広告配信で共同出資会社を設立すると発表した。テレビ朝日の出資比率は54%で、同社の連結子会社となる。買い付けた広告を自社の番組見逃し配信サービスなどで流す。次世代通信規格「5G」の商用化などで今後も伸びるとみられるネット広告の市場を取り込む。

24日付で新会社を設立する。社名は今後発表する。スーパーシップHDが20%、サイバーエージェントが10%、電通が8%、博報堂DYメディアパートナーズ(MP)が8%、それぞれ出資する。

新会社はネット動画広告の買い付けと配信を手掛ける。電通と博報堂DYMPが広告主企業の獲得を担い、スーパーシップHDは消費者データを広告配信に生かしやすい形で蓄積するDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)を提供。広告はテレビ朝日の「テレ朝キャッチアップ」や、テレビ朝日やサイバーエージェントが共同運営するネットテレビ「アベマTV」などの広告枠で配信する。

電通の調べによると、2018年の国内のネット広告の市場規模は17年比16.5%増の1兆7589億円で、地上波テレビ広告の1兆7848億円(同1.8%減)に迫った。19年に初めて地上波テレビを超える見通しだ。

今後、テレビ局がネット上で運営する見逃し配信サービスに、広告を配信する動きが増えていきそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報