/

この記事は会員限定です

国産生サーモン、豊漁 全国で増産 アジア・北米に輸出も

[有料会員限定]

刺し身やすしとして生で食べられる国産養殖サーモンの水揚げが5月から本番を迎えた。今年は生育が順調で、主産地の青森県や宮城県、福井県などでは前年より大幅に増産する。国産は鮮度が良い上、輸入品と比べ輸送コストが抑えられるため店頭価格も1~3割程安い。盛漁期は7月まで。地元の特産品として観光客にPRするほか、米国やアジアへの輸出も本格化する。

生サーモンはギンザケやトラウトサーモンなどを養殖したもの。1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1173文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン