2019年6月27日(木)

関西地銀、稼ぐ力鈍る アベノミクス以降
データでみる関西 効率化へ構造改革急務

金融機関
関西
2019/5/15 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アベノミクスが始まってから関西の主要地銀の稼ぐ力が大幅に低下している。大阪地盤の関西みらいフィナンシャルグループ(FG)と池田泉州ホールディングス(HD)の2019年3月期の行員1人当たりの実質業務純益はアベノミクス開始前の12年3月期と比べて5割以下になった。低金利や大阪圏での貸出競争の激化に対応したコスト削減が不十分なためだ。日銀は約6割の地方銀行は10年後に最終赤字になると試算。各行ともに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報