2019年6月17日(月)

6/17 16:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,900,945億円
  • 東証2部 71,459億円
  • ジャスダック 86,922億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.14倍 --
株価収益率13.84倍13.40倍
株式益回り7.22%7.46%
配当利回り2.07% 2.08%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,124.00 +7.11
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,070 +40

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

川内原発の設置許可取り消し認めず 福岡地裁判決[映像あり]

JICA イラク製油所に1100億円支援

6月17日(月)13:00

トップに聞く[映像あり]

クボタ 社長 木股 昌俊

6月17日(月)09:50

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

粘り腰見せた株式相場 景気「悪化」は一時的か
編集委員 前田昌孝

2019/5/15 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ハイテク覇権をめぐる米中摩擦が全面的な貿易戦争に発展するとの懸念から、世界の株式相場が動揺している。日経平均株価も14日は3年1カ月ぶりに7日連続安となった。ただ、前日のダウ工業株30種平均が617ドルも急落した割に、下げ幅は124円安と小幅だった。米中が土壇場でも妥協しないのは、ともに景気回復に自信を持っているためでもある。「関税引き上げ合戦の世界景気への影響は軽微」とみて、押し目を買う動きも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム