/

この記事は会員限定です

GRA、イチゴ生産パートナー拡大 栽培面積5万平方メートルに

[有料会員限定]

農業生産法人のGRA(宮城県山元町)は2019年度、自社で培った技術を通してイチゴを栽培する生産パートナーを拡大し、太陽グリーンエナジー(埼玉県嵐山町)など法人・個人6者を迎え入れた。同社のイチゴの総栽培面積は計5万平方メートルと、イチゴ農家としては東北で最大規模になる。全国各地へ栽培ノウハウを広げ、雇用拡大などの取り組みを進める。

GRAは14年から新規就農支援事業として各地でイチゴの栽培方法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り657文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン