/

この記事は会員限定です

画像センサー世界首位 中韓勢の足音、高成長どこまで

ビッグBiz解剖 ソニー(中)

[有料会員限定]

世界シェア首位の画像センサーを製造するソニーの熊本テクノロジーセンター(熊本県菊陽町)で、新機種のサンプル出荷が3月に始まった。業界最高水準の解像度を持つセンサーが向かう先は国内外の自動車メーカー。自動運転車の「電子の目」を狙う。

ソニーが車載向けの参入を表明してから4年。当初は本気度を疑われたが、協業先リストにはトヨタ自動車日産自動車、韓国・現代自動車などが並ぶ。目を引くのは自動運転分野で覇権争いを繰り広げる画像処理半導...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン