2019年6月25日(火)

新疆 迫害支えるハイテク 上級論説委員 飯野 克彦

中外時評
2019/5/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イスラム世界はいま、ラマダン(断食月)のさなかである。世界のイスラム教徒は宗教上の義務として、日中の飲食などを控えなくてはならない。だが中国でイスラム教徒が多く暮らす新疆ウイグル自治区では、共産党政権がそれを妨害している。

10戸の家庭に連帯責任を負わせ、1戸でも断食をしているのをみつければ全戸を罰する。学校や公的機関は毎日お昼にイスラム教徒の生徒や職員を集め、食事をとるよう求める。拒否すれば本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報