/

「ふるさと納税」の新制度、43市町村は4カ月に限る

総務省が14日発表した「ふるさと納税」の新制度では、過度な返礼品で多額の寄付を集めた静岡県小山町、大阪府泉佐野市、和歌山県高野町、佐賀県みやき町の4市町が6月から除外される。また、4市町ほどでないものの、不適切な返礼品など寄付集めの手法に問題があった43市町村については、税優遇の適用期間を6~9月の4カ月間に限った。

43市町村は7月中に改めて同省に申請し、指定を受ける必要がある。「仮免許」とも言える43市町村の内訳は以下の通り。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン