/

この記事は会員限定です

「磯丸水産」持株会社、小規模外食 買収戦略の勝算

証券部 田辺静

[有料会員限定]

特定の地域だけにある小規模な飲食店チェーンは数多くある。大衆居酒屋「磯丸水産」などを展開するクリエイト・レストランツ・ホールディングスは、こうした地元の飲食店のM&A(合併・買収)に乗り出した。地方の小規模な外食店は事業を継ぐ担い手がいなかったり、人手不足で経営が苦しかったりする店も増えている。和食や中華、洋食まで幅広い業態がそろい、外食の経営ノウハウを持つ同社が地元飲食店の「駆け込み寺」になることを狙う。

平日の昼下がり。銀座8丁目のうど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1497文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン