2019年5月22日(水)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,283.37 +10.92
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,280 +30

[PR]

業績ニュース

後発薬2社、薬価下げで今期減益見通し 日医工は増益に

企業決算
2019/5/14 22:00
保存
共有
印刷
その他

後発薬大手の沢井製薬東和薬品は14日、2019年3月期の連結決算を発表した。両社とも売り上げの拡大などで純利益は大幅に増えた。20年3月期は薬価引き下げなどの影響から、ともに減益となる見通しだ。後発薬大手は政府の普及推進策によって成長してきたが、減速感が出てきた。

沢井製薬の19年3月期の連結純利益(国際会計基準)は193億円と前の期比38%増えた。インフルエンザ薬などが好調だった。東和薬品の連結純利益は2.1倍の134億円。医薬品卸との連携などで新規顧客の開拓が進んだ。

一方、20年3月期の純利益見通しは、沢井製薬が前期比1%減の192億円。薬価引き下げが響く。23%減の104億円を予想する東和薬品の吉田逸郎社長は「薬価改定の影響が非常に大きくなるだろう」と話す。

日医工の連結純利益(国際会計基準)は70億円と2%増える。エーザイの後発薬生産子会社を買収したことが200億円超の増収要因となり、薬価改定の悪影響を補う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム