/

ジョリーパスタを完全子会社化 ゼンショーHD、株式交換で

7月末で上場廃止

ゼンショーホールディングス(HD)は14日、東証2部上場のジョリーパスタを8月1日付で完全子会社化すると発表した。ジョリーパスタは7月30日付で上場廃止となる。ゼンショーHDは1月、グループ内のレストラン事業を統括する新会社を設立しており、傘下のココスジャパンなどと合わせてグループ内の経営管理を効率化する。

ジョリーパスタの普通株式1株に対して、ゼンショーHDの普通株式0.80株を割り当てる株式交換を実施する。ゼンショーHDは2007年にサンデーサン(現ジョリーパスタ)を連結子会社化しており、現在64.5%の株式を持つ。上場維持に必要なコストを圧縮し、グループ内での出店戦略や経営管理など相乗効果を出す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン