2019年6月19日(水)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,327.67 +354.96
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,260 +350

[PR]

円ドルダービー

フォローする

日経平均・円ダービー 6月末予想、景況感など注目点

2019/5/18 2:00
保存
共有
印刷
その他

読者から相場予想を募る日経平均ダービーと円・ドルダービーの募集締め切りが5月31日に迫った。6月末終値を予想する今回のポイントについて専門家に聞いた。

多くのプロが着目するのは、米国が5月に関税上げに動くなど緊張感が増している米中の貿易摩擦の行方だ。「年始から米中の争いは収束すると楽観していた市場が動揺している」と話すのは、りそな銀行の黒瀬浩一チーフ・マーケット・ストラテジスト。貿易関税の問題に加え、米国が野党、中国などが現政権を支持しているとされるベネズエラ情勢など「米中間の問題は複合的な要素を見ていく必要がある」(黒瀬氏)という。

ただし黒瀬氏は「関税上げそのものの米国経済への下押し圧力は限られる」と話しており、6月末にかけた日経平均株価の予想レンジは「20000~23000円」としていた。

一方、為替相場に影響を及ぼしそうな米中の指標は何か。FPG証券の深谷幸司取締役が挙げるのは「企業の景況感指数」だ。米中とも製造業の購買担当者景気指数(PMI)などで「過度に弱気の数字が出れば、リスク回避の円高となりやすい」(深谷氏)という。深谷氏は6月末にかけた円ドル相場について「108~111円」の予想レンジを示していた。

6月18~19日に予定される米連邦公開市場委員会(FOMC)の動向も考慮に入れておく必要がありそうだ。これまで利下げ期待を打ち消してきた米連邦準備理事会(FRB)がスタンスを維持するかが焦点となる。第一生命経済研究所の藤代宏一主任エコノミストは「米国の物価が弱くなってFRBが緩和スタンスをとるシナリオなら、株価にはプラス材料」と話していた。

【6月末の予想を募集】
 日経平均と円・ドルダービーの予想締め切りは5月31日です。6月28日の日経平均株価終値と、東京外為市場の円・ドル相場(午後5時の終値、値幅の左側の数字)の予想をそれぞれ募集します。
 ★電子版からも応募できます。日経平均円・ドルダービーともに応募の締め切りは5月31日24時。はがきとの重複応募は無効です。
 ☆はがきの応募は5月31日消印有効。株価と為替の両方応募する場合は1枚ずつ必要になります。
 はがきの場合は、(1)6月末の日経平均株価(算用数字で円単位、銭は切り捨て)または円・ドル相場(1ドル=○○円○○銭)(2)予想の根拠(3)氏名(ふりがな)(4)電話番号(5)住所(6)年齢(生年月日)(7)職業――を書いてください。
 それぞれ1人1予想に限ります。複数応募や必要事項の記入漏れは失格になることがあります。
 宛先 〒100-8691 日本郵便(株)銀座郵便局 私書箱399号 日本経済新聞社 経済解説部 日経平均ダービー係または円・ドルダービー係
 入賞者には図書カードを進呈。1位は3万円、2位は2万円、3位は1万円、4位以下の入賞は5000円です。ピタリ賞もあります。

日経平均・円ダービーでは、読者の皆さんの投票を募集しています。詳細は上記の募集要項をご覧ください。日経平均ダービーへの応募はこちら、円・ドルダービーへの応募はこちらから投票してください。*会員限定

円ドルダービーをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

為替関連のデータ&チャート

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム