貨物船、米に返還要求 北朝鮮外務省「非道な強奪」

2019/5/14 15:07
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、国連安全保障理事会の制裁決議が禁じる石炭輸出に関わったとする北朝鮮籍の貨物船を差し押さえた米国を非難し、返還を求める北朝鮮外務省報道官の談話を報じた。米政府の判断を「不法で非道な強奪行為だ」と批判、今後の米朝関係に絡み「どのような悪い結果を招くか熟考し、直ちに船を返さなければならない」と主張した。

米が差し押さえた北朝鮮の貨物船=米司法省提供・AP・共同

米司法省は9日に貨物船「ワイズ・オネスト」を差し押さえたと発表した。同船は2016年11月ごろから複数回にわたり北朝鮮西部の南浦(ナンポ)で石炭を積み、中国やロシアに向けて出航していた。18年にインドネシアの海事当局が拿捕(だほ)し、米側に引き渡した。米国の制裁対象となった北朝鮮の貿易会社の関係会社が運航していたもようだ。

米司法省は9日の声明で「北朝鮮の好戦的な行為をやめさせるため、最大限の圧力をかける」と強調した。一方、北朝鮮側は談話で、船の差し押さえは18年に米朝首脳が署名した共同声明を全面否定する行為だとして「米国の今後の動きを鋭く見守る」と訴えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]