/

献立アプリの10X、オンラインで食材購入のサービス

献立作成アプリ「タベリー」運営の10X(テンエックス、東京・中央、矢本真丈社長)はネットスーパーで食材を購入できるサービスを始めた。14日に米アップルの基本ソフト「iOS」向けの提供を始めており、今夏にはアンドロイド搭載のスマートフォンにも対応する。

献立を選び、食材の購入画面に進む

タベリーには約1万2000種類の献立がある。ユーザーの利用履歴などから好みに合っていると思われる献立と必要な食材を自動で表示する。ユーザーは最大7食分の材料をオンラインで購入できる。料金を比較してショップを選び、受取日時を指定するとイトーヨーカドーの店舗などから商品が配送される。

10Xは米DCMベンチャーズなどを引受先とする2億5千万円の第三者割当増資を実施しており、新たなサービス開発のための人材採用などに充てる。

(斎宮孝太郎)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン