2019年6月19日(水)

米中対立に市場警戒 米企業の利益1.5%押し下げ試算も

北米
2019/5/14 14:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】米中貿易摩擦の激化で、米金融市場では楽観論が後退してきた。米ゴールドマン・サックスは両国がいずれ合意に達することを中心シナリオに据えながらも、米国が中国への制裁関税「第4弾」を実施に移す確率は3割あると分析する。米国の主要500社の純利益を最大1.5%押し下げるとの試算も出てきた。世界経済への影響を価格に織り込む動きが相場の変動をもたらしている。

13日の米国株市場はト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報