/

この記事は会員限定です

内閣不信任案で「解散誘発」警戒 野党、同日選観測で

[有料会員限定]

野党が6月26日までの終盤国会の戦略を練り始めた。立憲民主党は内閣不信任決議案を提出し、夏の参院選を前に安倍政権との対決姿勢を示す路線を探る。参院選に合わせた衆参同日選の観測を踏まえ、野党内には衆院解散を誘発するとの警戒感が広がる。衆院選の準備が遅れているためで、立民や国民民主党は候補擁立を急ぐ。

内閣不信任案は野党の対決姿勢を示す武器だ。2018年の臨時国会では乱発で新鮮味が薄れないよう温存した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1119文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン