2019年5月27日(月)

給付型奨学金、7月ごろに予約開始 大学無償化

大学
社会
2019/5/14 10:23
保存
共有
印刷
その他

大学などの高等教育の無償化を巡り、文部科学省は14日、2020年春から低所得世帯を対象に支給する給付型奨学金について、現在の高校3年生からの予約申し込みを7月ごろから受け付けると明らかにした。高校側で進学意欲を聞いたうえで、日本学生支援機構(JASSO)が12月ごろに対象者を決める。

支援対象は住民税が非課税の世帯(世帯年収の目安が270万円未満)とそれに準ずる世帯の学生。上限は国公立大の自宅生が年間35万円、私立大に自宅外から通う学生は同91万円。非課税世帯は全額、年収380万円未満なら3分の1~3分の2の額を支援する。

JASSOが5月中旬以降に全国の高校に周知用のリーフレットを配布。7月ごろに同機構の専用サイトから申し込みが可能になる。

高等教育の無償化では、大学などの授業料と入学金も支援することになっており、現在の高校3年生で希望する場合は20年春に進学先の大学などに申請する。

奨学金や授業料の支援は既に大学などに通っている学生も対象で、申し込みの受け付け開始や対象者の決定は今秋以降を計画している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報