陸上型イージス、配備計画に誤算 ミサイル防衛に影響も

日本の守り
2019/5/15 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府がミサイル防衛(MD)の要と位置づける陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の国内配備が遅れる可能性が強まってきた。2023年度の運用開始を目指してきたが、搭載レーダーの開発に5年程度かかる。米側が日本に求める費用負担も火種になりつつある。配備計画の誤算はMDに悪影響を与えかねない。

北朝鮮は4、9両日に、飛翔(ひしょう)体を日本海に向けて発射した。9日分は短距離弾道ミサイルと…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]