/

この記事は会員限定です

米中摩擦激化、日本株・為替への影響は 市場の見方

[有料会員限定]

13日の米国株式市場で、ダウ工業株30種平均は前週末比617ドル下落し、ほぼ3カ月ぶりの安値となった。米国が10日に制裁関税の引き上げに踏み切ったのを受け、中国政府が報復関税の実施を発表。貿易を巡る米中の対立がより鮮明になった。こうした情勢を受け日本株の市場、円相場はどのように反応するか。市場関係者に話を聞いた。

【日本株】

株、電子部品に売りか 景気後退意識で2万円割れも

阿部健児・岡三証券チーフストラテジスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン