/

ゴールドマン、日本で銀行免許申請 収益源の多角化狙う

(更新)

【ニューヨーク=宮本岳則】米金融大手ゴールドマン・サックスが日本の金融庁に対し、銀行業務の営業免許の申請手続きに入ったことが13日、明らかになった。2020年にも法人顧客向けの資金管理業務を世界で展開する計画で、事業基盤を整える狙い。かつての稼ぎ頭で金融商品の売買を仲介するトレーディング事業が低迷しており、収益源の多角化を目指す動きが加速してきた。

米ゴールドマンの日本法人はM&A(合併・買収)助言や債券の引き受け、トレーディンなど伝統的な投資銀行業務を中心に展開している。近年は資産運用業を軸にした商業銀行事業の展開に向けた手続きを進めている。

資金管理業務では法人向けにグループ内の資金効率を高めるサービスを提供する。世界で事業を展開する大企業にサービスを提供するには、主要な国・地域で銀行業の営業基盤が必要になる。米ゴールドマンは08年の金融危機時に、流動性を確保するため、米連邦準備理事会(FRB)の監督対象となる銀行持ち株会社に転換していた。日本での銀行業免許は取得していなかった。

資金管理業務は米JPモルガン・チェースや米シティグループなど大手商業銀行が厚い顧客基盤や海外支店網をいかして先行してきた分野だ。米ゴールドマンは後発になるが、投資銀行業務で培ってきた強力な顧客基盤や技術力をテコに攻勢をかける。

米ゴールドマンは20年1~3月期にも新しい事業戦略を公表する。19年春にも新計画を発表するとしていたが事実上、1年先送りした。トレーディング事業など主力部門の収益低迷に直面し、より抜本的な対策が必要になった。デービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)は成長余地のある分野として、資金管理など商業銀行事業を挙げていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン