2019年6月17日(月)

死亡への関与ほのめかす 男性遺棄容疑の男、名古屋

中部
2019/5/13 22:30
保存
共有
印刷
その他

名古屋市港区の不動産会社の車庫で男性の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された同社代表、平山智章容疑者(41)が男性の死亡への関与をほのめかす供述をしていることが13日、捜査関係者への取材で分かった。愛知県警昭和署捜査本部は遺体が同容疑者の50代の知人とみて死亡の経緯を調べている。

13日の司法解剖の結果、男性の死因は頭に強い衝撃を受けたことによる脳障害とみられることが判明した。頭に骨折を伴う複数の傷があった。遺体は腐敗が進んでおり、死後1カ月以上が経過しているとみられる。

事件は12日に発覚した。4月上旬に行方不明となった名古屋市昭和区の50代の知人名義のクレジットカードを平山容疑者が不正に使用している疑いが浮上。県警が12日に港区の不動産会社を家宅捜索したところ、車庫から遺体が見つかった。

捜査関係者によると、平山容疑者は4月上旬に遺体を会社の車庫に遺棄したことを認め、男性の死亡に関与したことをほのめかす供述もしているという。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報