大塚勝久氏、久美子氏の設立団体の名誉職就任を辞退

2019/5/13 21:36
保存
共有
印刷
その他

大塚家具創業者の大塚勝久氏が、娘で同社社長の大塚久美子氏から要請があった業界団体の名誉会長への就任を辞退していたことが13日、分かった。久美子氏は4月、自ら発起人となって業界団体「『スローファニチャー』の会」を設立。勝久氏が会長を務める家具販売の匠大塚(東京・中央)の新店を訪れ、約4年ぶりに面会して名誉会長への就任を求めていた。

大塚家具に勝久氏から、名誉会長就任を見送る旨を伝える手紙が10日に届いた。勝久氏は文中で、「難しい立場にありながら(匠大塚への)協力を惜しまなかった取引先メーカーへの感謝の気持ちを大切にしたい」と記したという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]