2019年6月27日(木)

三菱UFJ銀、名大発スタートアップと取引先を橋渡し 商談会で新事業立ち上げ後押し

金融機関
中部
2019/5/13 19:55
保存
共有
印刷
その他

三菱UFJ銀行は13日、名古屋大学発のスタートアップ企業と同行の取引先を橋渡しする合同説明会を開いた。名大発スタートアップ企業が自社で開発した新素材やサービスなどを紹介。スタートアップ企業と取引先の協業を後押しすることで、新事業の立ち上げなどにつなげてもらうねらいだ。

合同説明会には名大発スタートアップ企業5社が参加した(名古屋市)

説明会には5社の名大発スタートアップ企業と、愛知県を中心に60社超の三菱UJF銀の取引先が参加した。素材開発のU-MAPは電子機器などの熱を制御する素材の活用などで協業を呼びかけた。同行と名大は2018年に次世代産業育成などで産学連携協定を結んでいる。

名大で産学官連携を担当する広明秀一教授は「企業との密接な協業が期待できる」と強調。三菱UFJ銀の柴義隆常務執行役員は「銀行が持つ情報やネットワークを使い、企業のあらゆることを仲介したい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報