北海道、バイオガス発電花盛り 全国の3分の1が集中

2019/5/13 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道でバイオガス発電プラントの建設が相次いでいる。全国有数の酪農地帯である東部の別海町では、牛のエサ用の牧草を主原料にしたバイオガス発電所が稼働した。事業に出資した環境省主導の官民ファンドによると、牧草を活用したバイオガス発電は国内初。酪農や農業の豊富なインフラが投資を呼び込む好循環が生まれている。

再生エネの固定価格買い取り制度(FIT)の成立以後に同制度に認定され、現在も稼働しているバイオ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]