2019年6月26日(水)

ドローン使い放射性物質を空から測定 JAEAなど

北海道・東北
2019/5/13 20:11
保存
共有
印刷
その他

日本原子力研究開発機構(JAEA)などは、小型無人機(ドローン)を使って上空から放射性物質の分布状況を測定し、3次元で可視化できるシステムを開発した。東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う福島県内の帰還困難区域などで、広範囲に分布実態を把握することなどが期待されている。

同社によると、従来は機器を使って徒歩や車両で路上から放射性物質を測定したり、航空機を活用したりすることが多かった。小型で軽量な特殊カメラを搭載したドローン活用による広範囲での測定などで、局所的に放射性物質が多く沈着する「ホットスポット」などの状況も効率的かつ低コストで把握することができるという。

廃炉作業の進む第1原発や帰還困難区域、里山などでの活用を想定しており、2019年度内の実用化を目指している。帰還困難区域では特定復興再生拠点区域以外では除染がほぼ行われておらず、今後の住民の帰還の実現や地域の安全確保などに広く活用されるとみられる。

システムの開発などには、放射線測定機器開発の千代田テクノル(東京)や南相馬市の企業も加わった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報