2019年6月17日(月)

トヨタが2年ぶり普通社債、「CASE」に備え

自動車・機械
中部
2019/5/13 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車は普通社債を発行する方針を固めた。トヨタ本体が普通社債を出すのは2017年6月に総額1000億円を出して以来約2年ぶり。償還までの年限は5年と10年。自動運転や電動化など「CASE」と呼ばれる次世代技術の投資に備える。低金利が続く中、資金調達を安定させる狙いもある。

発行額は未定だが、年限5年で200億円以上、10年で100億円以上になるもよう。利回りなど発行条件は週内にも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報