2019年6月17日(月)

6/17 22:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,873,782億円
  • 東証2部 71,111億円
  • ジャスダック 86,709億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.14倍 --
株価収益率13.77倍13.33倍
株式益回り7.25%7.49%
配当利回り2.09% 2.10%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,124.00 +7.11
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,070 +40

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

川内原発の設置許可取り消し認めず 福岡地裁判決[映像あり]

JICA イラク製油所に1100億円支援

6月17日(月)13:00

トップに聞く[映像あり]

クボタ 社長 木股 昌俊

6月17日(月)09:50

[PR]

スクランブル

フォローする

株安の裏に景気後退の影、追加政策余地小さく
証券部 須永太一朗

2019/5/13 17:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本株相場が下げ止まらない。13日の東京市場で日経平均株価は6日続落し、令和相場に入ってからの下げ幅はすでに1000円を超えた。じわじわと水準を切り下げるところに投資家心理の悪化が垣間見える。原因を探ると、先行きの見えない米中貿易摩擦だけでなく、足元の国内景気に伏兵が潜んでいるようだ。

「令和相場の連敗記録は今日も止められなかった」。ある証券会社の担当者は肩を落とす。この日、年初来安値をつけた銘…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム