/

この記事は会員限定です

「やれたかも委員会」渡さなかった電子化権

続・漫画サバイバル(2)

(更新) [有料会員限定]

少子化によってマンガ雑誌の市場が縮む現在、出版社が活路をインターネットに求めるのは自然に思える。だが、インターネットで配信する権利を出版社が持つのか、マンガ家が持つのかは、決まっているわけではない。紙からネットに主戦場を移してヒットマンガ家になった吉田貴司(39)は出版を断ってまで「電子化権」を手放さなかった。どういうことか。

ダサい青春の一歩先

吉田は2016年に「や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3840文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

続・漫画サバイバル

雑誌を中心に動いてきたマンガ界が揺れている。少子化の影響に加え、ネットマンガの普及や好みの多様化などで、マンガ誌の発行部数は激減し、近年のヒット作品は数えるほどに。この荒波に立ち向かおうとするマンガ家や編集者たちがいる。「続・漫画サバイバル」は、これからのマンガの進む道を模索する彼らの姿に迫る。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン