2019年6月20日(木)

働き方の変化とモチベーション(1) 働き方の変化と変動する意欲
池田浩 九州大学准教授

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2019/5/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

会社で働く人々が成果(生産性や業績、創造性)をあげるには、高い能力に加え、それを効果的に生かす旺盛なモチベーションが不可欠です。能力は、成長を促す経験とそこから学ぶ力で獲得されます。しかし陳腐化するため、学び続けることが求められます。

それに対してモチベーションは働く人々が「自らの職務上の目標に向かって意欲的に取り組んでいる状態」です。モチベーションには、個人間の違い(個人差)と個人内の変動とい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報