2019年6月19日(水)

気候変動リスク、業績への影響開示で官民連携

経済
2019/5/13 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地球温暖化など気候変動リスクが企業の業績や事業に与える影響についての情報開示が日本で本格化する。金融庁と経済産業省が呼びかけ、銀行やメーカーなど100社近くが情報開示を主導する企業連合を5月中に立ち上げる。世界の金融市場で環境対策がテーマとなるなか、日本企業の情報開示は遅れていた。中長期の投資マネーを日本に呼び込む狙いだ。

新たに発足させるのは「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報