/

この記事は会員限定です

温暖化ガス算出厳格に IPCC新指針、適用巡り火種も

[有料会員限定]

科学者らが温暖化問題を話し合う国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は13日、各国の温暖化ガスの排出量を正確に見積もる新指針を公表した。京都市で12日まで開いた総会で採択した。2020年以降の温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の実効性を高める狙いだが、指針の厳格な適用を巡っては先進国と途上国などの間で対立の火種が残る。

年末に開催予定の第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り613文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン