鹿児島の港に車転落、4人死亡 子供も乗車か

2019/5/13 9:41 (2019/5/13 13:43更新)
保存
共有
印刷
その他

13日午前5時35分ごろ、鹿児島県阿久根市港町の阿久根港で、海に乗用車が転落しているのが見つかった。車内にいた男女4人が病院に搬送されたが、いずれも死亡が確認された。阿久根署によると、男性3人と女性1人で、男女2人は40代、残り2人は小学生の男児とみられる。車はレンタカーで、県内の住所が記載された免許証が見つかった。

現場付近に車止めやブレーキ痕はなく、署は心中と事故の両面で調べるとともに、身元を確認している。

県警によると、午前5時半ごろ、素潜り漁に向かっていた漁師が転落した車を見つけ110番した。発見時4人は車内におり、シートベルトを着用していなかった可能性があるという。

地元漁協によると、現場の水深は約5メートル。

現場は肥薩おれんじ鉄道の阿久根駅から南西に約650メートル。近くに住む自営業の70代男性は「漁協から話を聞いてびっくりした。何でこんなことが起きたのか」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]