2019年8月20日(火)

学生の女性選手、半数が月経異常 疲労骨折のリスク増
慶大チーム調査

2019/5/12 19:12
保存
共有
印刷
その他

大学生の女性アスリートの5割が無月経などの月経異常を抱えていることが慶応大の宮本健史特任教授の研究チームの調査で分かった。栄養摂取のバランスなどが崩れると月経異常につながりやすく、疲労骨折のリスクも高まる。宮本特任教授は「指導法などを見直す必要がある」と指摘する。

東京都が作成した成長期の女性選手向けの冊子

東京都が作成した成長期の女性選手向けの冊子

調査は2017年1月、同大の体育会に所属する女性アスリート56人を対象に実施した。月経状態について回答した51人のうち、51%にあたる26人が月経異常だった。

全体のうち13人は脚の疲労骨折をした経験があり、うち11人は月経不順などの月経異常を抱えていた。疲労骨折をした13人に1年間の追跡調査をしたところ、3人が再び疲労骨折をしていたという。

調査では血液や尿の成分も分析した。疲労骨折をした女性は、しなかった人に比べ、運動後に筋肉や骨がダメージを受けると生じる酵素の値が高く、骨の形成に必要なたんぱく質の値が低かった。食事などで運動量に見合う栄養を摂取できていないことが原因とみられ、月経異常を引き起こしたと考えられる。

宮本特任教授は「月経異常を抱えていると競技だけでなく日常生活にも様々な支障をきたす。血液や尿の検査を参考に、トレーニングの手法や食事摂取量を工夫すべきだ」と話している。

女性アスリートの健康問題を巡っては、日本産科婦人科学会などが17年に食事法や投薬による健康管理の指針を初めてまとめている。とくに10代は体重が増えやすいため競技によっては食べることを避け、栄養摂取を軽視しがちになる。栄養不足による月経異常は、骨折だけでなく不妊症の原因ともされるが、選手だけでなく、男性が多い指導者の理解もあまり進んでいないという。

東京都もこのほど、成長期の女性選手の適切な体調管理方法などを解説した冊子「女子アスリートのコンディショニングガイド」を作成した。競技団体や学校を通じて配布し、選手や指導者の啓発活動に生かす。

冊子は身体的特徴の基本知識や女性選手の健康課題、栄養と休養のバランスなどを解説しているほか、異変の察知と早期の治療のため自己診断シートもつけている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。