/

この記事は会員限定です

災害情報、LINEで政府が提供 AI使い21年にも

[有料会員限定]

政府は地震や大雨の災害発生時に無料対話アプリ「LINE(ライン)」を使い、避難場所などの情報を提供する仕組みをつくる。被災者らが発信するメッセージを人工知能(AI)が分析し、必要な物資の確保なども効率化する。2021年にもサービスの開始を目指す。

LINEは国内利用者数が7千万人を超える。SNS(交流サイト)を活用することで、多数の人と同時にやりとりし、個人の状況にあわせて必要な情報を届けることが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り541文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン