2019年8月23日(金)

災害情報、LINEで政府が提供 AI使い21年にも

2019/5/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は地震や大雨の災害発生時に無料対話アプリ「LINE(ライン)」を使い、避難場所などの情報を提供する仕組みをつくる。被災者らが発信するメッセージを人工知能(AI)が分析し、必要な物資の確保なども効率化する。2021年にもサービスの開始を目指す。

LINEは国内利用者数が7千万人を超える。SNS(交流サイト)を活用することで、多数の人と同時にやりとりし、個人の状況にあわせて必要な情報を届けること…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。