2019年6月16日(日)

三井住友信託、定年65歳に 2020年秋にも

金融機関
2019/5/13 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三井住友信託銀行は社員の定年を60歳から65歳に引き上げる。従業員組合との協議を経て2020年秋の移行をめざす。高齢の社員が事務処理や監査だけでなく、年金や証券代行といった専門性が高い分野でも働き続けられるようにする。

三井住友信託では定年時に9割以上が再雇用を希望し、500人弱が働いている。ただ担当する職務は限られており、給与も減るのが一般的だ。

定年延長で専門性が高い仕事を続けら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報