「ごめんなさい」と絶叫 高知で謝罪イベント

2019/5/12 17:48
保存
共有
印刷
その他

高さ約3メートルの壇上からそれぞれの「ごめんなさい」を大声で叫ぶ。高知県南国市で12日、普段は言えない謝罪の言葉を伝える「ごめんな祭」が開かれた。

「ごめんな祭」で謝罪の言葉を叫ぶ参加者(12日午後、高知県南国市)=共同

昨年は悪天候のため中止となったが、今年は快晴に恵まれ男女33人が参加した。ベトナムの農業実習生、ファムティタオさん(29)は「弟の結婚式に参加できなくてごめんなさい」と、ベトナムで暮らす弟に向け謝罪。「慣れない日本語で恥ずかしい」と照れたが、会場からは拍手がわき起こった。

南国市の鈴木未来ちゃん(2)は姉の付き添いを受けながら「泣き虫でごめんなさい」と母に謝った。

実行委員会によると、市内に「後免町」という地名があることにちなみ、若者らが「南国市をおもしろくしたい」と町おこし目的で2013年から始めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]