/

この記事は会員限定です

私大、理念実現へ財政的自立を

[有料会員限定]

日本私立学校振興・共済事業団の清家篤理事長(慶応義塾学事顧問)は、私立大学は財政的自立性を高めて建学理念の実現を果たすことに社会的存在意義があると指摘する。

私立大学はそれぞれ建学理念を持ち、その建学理念を今日において実現するために教育、研究活動を行っている。個人や宗教団体などの抱く建学理念の実現であるから、その活動は基本的に私的なものである。私立であるということは字義の通り「私」(わたくし)の事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン