イチロー フィールド

フォローする

イチローの再出発 3Aタコマでの指導スタート
スポーツライター 丹羽政善

(1/3ページ)
2019/5/13 6:30
保存
共有
印刷
その他

5月3日、ワシントン州タコマ。途中、事故渋滞にはまって、自宅から3Aのタコマ・レーニアズが本拠地とするチェイニー・スタジアムまで2時間近くかかった。午後3時過ぎ、ようやく球場に到着してざっとあたりを見渡すも、イチローの姿はない。フィールドではリリーフ投手らが、コンディショニングのための軽い練習を行っていた。

そもそも、4月30日にマリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターに就任し、外野守備、走塁、打撃の指導をメジャーだけでなく3Aでも行うことになったイチローが、この日タコマに来るとは限らない。

1日の試合途中、ファンの声援にベンチから手を上げて応えるマリナーズのイチローさん=共同

1日の試合途中、ファンの声援にベンチから手を上げて応えるマリナーズのイチローさん=共同

前日からマリナーズの広報にも、レーニアズの広報にも連絡をしていたが、「分からない」との返事。いなかったら仕方がない、ぐらいで家を出た。途中の渋滞は想定どおり。タコマのダウンタウン付近は日中、上りも下りもノロノロになる。シアトルからは事故がなくても1時間以上かかることがある。着いてからも普段は来ない球場なので勝手が分からなかったが、フィールドにいないとすれば、居場所として考えられるのは室内練習場か。

その室内練習場は、三塁側内野スタンドの裏手に位置し、クラブハウスからは売店前とゴミ捨て場を抜けた先にあった。取材パスではそこまで行けないので、100メートルほど先から室内を伺ったが、暗くてよく見えない。

ファンが教えてくれた「イチロー、来てるよ」

そんなとき、ゴミ捨て場から外へ出たところにいたファンの1人から、声をかけられた。

「イチローを探してるの?」

その通りと答えると、「もう、来てるよ」の返事。

今はどこに? 

「さっき、室内練習場に入っていった」

そこはちょうど、選手の出入り口にもなっている。いかにもマイナーリーグらしい動線だが、そこにいたファンは普段から入り待ちをして、「選手にサインをもらっている」のだという。

「警察官がガードしていて、イチローからはもらえなかったけれど」

自分で目視できたわけではないが、これでおそらく、室内練習場へ続くゴミ捨て場の手前で待っていれば、見逃すことはない。

ややあって、知った顔が室内練習場から出てきた。春のキャンプに招待選手として参加していたシェド・ロングという内野手である。目が合うと、何も聞かなくても教えてくれた。

「イチローだろ? 今、中にいるよ」

もう、間違いなかった。

目を凝らすと、薄暗がりの中で誰かが投げている。その影はまぎれもなくイチローのもの。やがて、警察官に先導されたイチローが、室内練習場から姿を見せた。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大リーグのコラム

電子版トップスポーツトップ

イチロー フィールド 一覧

フォローする
イチローによると「手が早い人はだめ。手を出さないからヒットが出る」=共同共同

 「人のいないところに打て」。かつて、8年連続(1894~1901年)で年間200安打を放ったウィリー・キーラー(オリオールズなど)は、ヒットを打つコツを聞かれ、そう話したとされる。イチロー(現マリナ …続き (7/6)

アーティストたちによって通りに「BLACK LIVES MATTER」の文字が描かれた=ロイターロイター

 かなり前のことだが、米シアトルで夜の遅い時間にバスに乗っていると、1人の若い男性が通路側の席で体を横にして腰掛けたまま、数メートル後方の若い女性をずっと見つめていた。男性は、いかにもシアトルにいそう …続き (6/22)

大リーグ通算3000本安打を放ったイチロー(2016年8月)。野球殿堂入りは確実といわれるが将来の監督就任は否定している=共同共同

 「監督、絶対、無理っすよ。これは絶対がつきますよ。人望がないですよ、僕」
 昨年3月の引退会見。今後を問われたイチロー(現マリナーズ会長付特別補佐)は、将来監督になる可能性をきっぱり否定した。
「無理っ …続き (6/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]