/

北九州に世界最長ブランコ 163メートルでギネス認定

北九州市は11日、響灘緑地グリーンパーク(同市若松区)で、100台を環状につなげて新設した全長約163メートルのブランコを披露した。記念式典で児童ら100人がいすに座って一斉にこぐと、ギネス公式認定員が世界一長いブランコと認定した。

北九州市の響灘緑地グリーンパークに新設された、全長約163メートルのブランコを楽しむ児童ら。世界一長いブランコとしてギネス認定された(11日)=共同

市建設局によると、国の遊具安全基準が厳しくなるにつれて、基準を満たさないブランコの撤去が進むとともに、設置にふさわしい場所が減っている。一方で「小さな子を持つ親などから、ブランコ増設を求める声は多い」という。そのため広い場所に約1億2千万円をかけて整備した。

これまでの世界最長ブランコは、1998年にオランダでギネス記録となった約133メートル。式典でこぎ手となった福岡県行橋市の小学6年、原啓介君(12)は「こんなにたくさんのブランコがあるなんて、夢みたい」と歓声を上げていた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン