2019年6月18日(火)

トランプ氏、北朝鮮のミサイル発射「信頼損なわず」

トランプ政権
朝鮮半島
北米
2019/5/11 12:14
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は10日、北朝鮮による9日の弾道ミサイル発射について「金正恩(キム・ジョンウン)委員長が信頼を裏切ったとは思わない。短距離ミサイルで、ありふれた普通のものだ」と述べ、問題視しない考えを示した。政治専門サイトのポリティコのインタビューに答えた。

北朝鮮との対話継続を探るトランプ大統領=AP

トランプ氏は「ひょっとしたら、いつかの時点で裏切られたと思うかもしれないが、現時点ではそうは思わない」とも語った。金正恩氏への批判を避けながらも、挑発行為が続くようなら信頼関係が損なわれることもあり得るとの認識を示したものだ。

トランプ氏は9日、ミサイル発射に関し「誰も喜ばしいとは思っていない」と不快感を示していた。ただ、3回目の米朝首脳会談の実現を視野に米朝対話の継続をめざす方針は変えていない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報