2019年8月24日(土)

サムスン電子役員2人を逮捕 韓国検察

2019/5/11 1:25
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国サムスングループの医薬品受託製造会社サムスンバイオロジクスの粉飾会計事件で、韓国検察は11日未明、サムスン電子の常務2人を証拠隠滅などの容疑で逮捕した。聯合ニュースが伝えた。

ソウル中心部に位置する韓国サムスン電子の社屋=共同

2018年11月に始まったサムスンバイオロジクスの粉飾会計をめぐる捜査は急展開し、グループの中核企業であるサムスン電子を巻き込む事件に発展した。聯合によると、検察は逮捕した常務2人より高位の役員の中にも粉飾会計に関わった人物がいる可能性があるとみて、さらに捜査を続ける方針。

逮捕されたのは、サムスン電子のセキュリティー担当の常務とグループ内の連絡を担う常務。2人は、サムスンバイオロジクス社員に粉飾会計に関するデータの入ったサーバーを隠すよう指示していたとされる。

韓国メディアは、検察が、サムスンバイオロジクスの粉飾会計事件と、サムスングループを事実上率いる李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が朴前大統領への贈賄の罪を問われている事件との関連に関心を寄せている、との見方も伝えている。

検察は、これまでの捜査で、サムスンバイオロジクスのセキュリティー担当の社員1人と、同社子会社の幹部2人を証拠隠滅の疑いなどで逮捕している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。