2019年6月16日(日)

「ユニコーン」ウーバー上場、初値は公開価格割れ

スタートアップ
自動車・機械
北米
2019/5/11 0:32 (2019/5/11 1:36更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

未上場の急成長企業「ユニコーン」の代表格、ライドシェア最大手の米ウーバーテクノロジーズが10日、新規株式公開(IPO)した。初値は42ドルと公開価格(45ドル)を割り込んだ。時価総額は約765億ドル(約8.4兆円)に達するが、当初想定された1200億ドルに届かず一時の「熱狂」は消えた。一部の投資家は、赤字で拡大路線を突き進むユニコーン上場の成長戦略に懐疑的だ。ウーバーの上場はIPO市場の変質も映…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報