/

この記事は会員限定です

ごみ焼却炉の自動運転率を劇的に改善 AIでごみ認識

[有料会員限定]

ごみ焼却炉の自動運転を人工知能(AI)で推進する――。意外な用途でAIの社会実装を進めるのが、技術コンサルティングや開発を手がけるRidge-i(リッジアイ、東京・千代田)だ。

ごみ焼却施設におけるAI活用システムは、荏原環境プラントと共同で開発した。AIを活用し、ピットと呼ぶ集積所からごみを焼却炉に投入するクレーンの自動運転を目指した。ごみ焼却施設では、安定した状態でごみを焼却する必要がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1702文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン