ごみ焼却炉の自動運転率を劇的に改善 AIでごみ認識

2019/6/24 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ごみ焼却炉の自動運転を人工知能(AI)で推進する――。意外な用途でAIの社会実装を進めるのが、技術コンサルティングや開発を手がけるRidge-i(リッジアイ、東京・千代田)だ。

ごみ焼却施設におけるAI活用システムは、荏原環境プラントと共同で開発した。AIを活用し、ピットと呼ぶ集積所からごみを焼却炉に投入するクレーンの自動運転を目指した。ごみ焼却施設では、安定した状態でごみを焼却する必要がある。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]