2019年6月20日(木)

足かけ3年小粒で甘く 福井県坂井市の花らっきょ
ほくりく逸品一品

サービス・食品
北陸
2019/5/12 8:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

土の中で二冬を越し、植え付けから収穫まで足かけ3年かける「花らっきょ」。三年子とも呼ばれるこのらっきょうは小粒で歯切れ良い食感が売りだ。全国では福井県坂井市の三里浜砂丘地でしか栽培していない。高齢化で年々作付け農家が減るなか、産地は試行錯誤を続けている。

「三里浜は畑が雪で覆われ、畑の虫が越冬できない土壌が栽培に向いていたのでは」と話すのは三里浜特産農業協同組合の生産販売部長、横山晴夫さん(54…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報