京葉銀 実質業務純益5%減 前期、貸出金利息収益は増加

2019/5/10 20:00
保存
共有
印刷
その他

京葉銀行が10日発表した2019年3月期決算は、本業のもうけを示す単体の実質業務純益が前の期比5%減の174億円となった。貸出金利息収益が10年ぶりに増加に転じたものの、国債の償還で有価証券利息配当金が減ったことなどが響いた。

日銀のマイナス金利政策の影響は続いているものの、貸出金利回りは0.05ポイントマイナスの1.05%と低下幅は縮小している。一方、融資額は個人向け、中小企業向けともに増えて…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]