2019年6月17日(月)

中国5県の景況据え置き 4月日銀、生産や消費堅調

金融機関
中国・四国
2019/5/11 6:00
保存
共有
印刷
その他

中国5県の日銀4支店は10日、2019年4月の金融経済月報でそろって前月までの景況判断を据え置いた。自動車などの生産や個人消費が堅調に推移したとする見方が多かった。改元に伴う10連休が消費に好影響を与えたとする声もあった。

日銀広島支店では西日本豪雨の復旧工事の需要増を背景に、「公共投資」の判断を引き上げた。浜田秀夫支店長は「工事のピークは夏ごろになりそうで、人手不足をこなせるかが課題だ」と話した。

岡山支店では「緩やかに拡大しつつある」との景況判断を18カ月連続で据え置いた。藤田研二支店長は個人消費は堅調としつつも、「海外需要の変調などが消費に影響を与えかねない」との見方を示した。

下関支店は14カ月連続で判断を据え置いた。竜田博之支店長は「10連休は県内景気にプラスだった。企業の稼働日数は例年通りのところも多かった」と話した。松江支店の花尻哲郎支店長は「観光需要は堅調で、宿泊施設の客室単価も上昇した」とした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報