最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,079.09 +34.64
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,910 +40

[PR]

業績ニュース

MTGの10~3月期、経常益9割減 攻めの投資課題

2019/5/10 19:21
保存
共有
印刷
その他

トレーニング機器「シックスパッド」を手掛けるMTGが10日発表した2018年10月~19年3月期(上期)の連結決算は、経常利益が7億9700万円と、前年同期比86%減だった。美容ローラー「リファ」の売り上げが急減した。成長軌道に戻すには、潤沢な手元資金の使い方が焦点になりそうだ。

売上高は13%減の246億円、営業利益は87%減の7億1200万円だった。19年9月期通期の営業利益見通しは10億円。上期で7割強を固めたが、下期はなお回復が鈍いと織り込んでいる。

同日記者会見した松下剛社長は「第3四半期までは厳しい状態が続く。新商品の発売で第4四半期からは上向く」と述べた。

業績が急降下した一因は中国の電子商取引(EC)規制だ。現地政府は1月から事業者などに登録と納税を義務付けている。日本でリファを仕入れてネットで転売する中国人らが減った。

挽回に向けて新商品のほか、中国でECサイトや小売店の販路を広げる。ECサイトはアリババとの独占契約から新たに4社と提携した。8月までに代理店を通じた対面販売も始める。

足元の業績は落ち込んでいるとはいえ、MTGの財務は良好だ。健全性を示す自己資本比率は8割を超え、手元資金は300億円を超える。「国内外での店舗や事務所を展開する費用などに投資する」(久世浩司経営企画室室長)考えだ。

健康や美容に焦点を当てた、MTGらしいユニークな商品やブランドの育成に向け思い切った投資を求める声は株式市場でもなお多い。10日の株価は前日比4%安の1878円。上場した18年7月当時の約4分の1の水準にある。「業績の落ち込みが目立つ」(松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリスト)ため、個人の押し目買いも入りにくい。

松下社長は株価について「業績を戻して、3年後に株主に納得を得られる数字にしたい」と述べる。立て直しに向け、いきたお金の使い方が問われる局面だ。(広沢まゆみ)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム