/

この記事は会員限定です

スタンレー、新工場など150億円投資 次世代車向け

[有料会員限定]

自動車用ランプ大手のスタンレー電気は国内で新工場を稼働する。次世代車向けの発光ダイオード(LED)の生産能力を増強する計画。研究開発、試験施設も新たに設ける。総投資額は150億円となる。自動運転、電動車など次世代技術を巡る開発競争が激化するなかで、将来の需要をみすえた先行投資に踏み切る。

LED製造子会社、スタンレー鶴岡製作所(山形県鶴岡市)の隣接地に約60億円を投じて、新工場を建設する。既存工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り593文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません