コメの新品種「えみまる」、直まきで省人化に貢献
北海道・食の王国

2019/5/10 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道では2019年からコメの新品種「えみまる」の本格栽培が始まる。田んぼに直接種もみをまく「直(じか)まき」栽培が最大の特徴で、農作業の大幅な省人化につながる。深刻化する人手不足で引き合いが増えるのは確実で、北海道の米作の次代を占う存在として注目を集めている。

有数のコメ産地、北空知地区の妹背牛町では熊谷勝さんが今年から22ヘクタールのうち約4ヘクタールをえみまるの栽培に充てる。熊谷さんは25…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]