/

この記事は会員限定です

コメの新品種「えみまる」、直まきで省人化に貢献

北海道・食の王国

[有料会員限定]

北海道では2019年からコメの新品種「えみまる」の本格栽培が始まる。田んぼに直接種もみをまく「直(じか)まき」栽培が最大の特徴で、農作業の大幅な省人化につながる。深刻化する人手不足で引き合いが増えるのは確実で、北海道の米作の次代を占う存在として注目を集めている。

有数のコメ産地、北空知地区の妹背牛町では熊谷勝さんが今年から22ヘクタールのうち約4ヘクタールをえみまるの栽培に充てる。熊谷さんは25年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1319文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン